最終回・結末

「ほんの恋など」ネタバレと感想!試し読みできるサイトも紹介

「ほんの恋など」のネタバレと読んだ感想についてです。

マイナーですが、中々良い作品ですよ。

[AD1]

「ほんの恋など」のネタバレ

主人公の小山は大手出版に勤める編集者。

仕事も凄く出来るのですが、一つだけ弱点がありました。

それは「男性恐怖症」です。

 

さて、そんな彼女が田村という50歳を迎えたおじさんの担当になることに。

しかも、この田村。

なんと女癖が悪い、という悪評付き。

 

しかも、今はスランプに陥って執筆も全く進んでいません。

そんな小山と田村のコンビが結成されて、ドタバタと日常が繰り広げられます。

 

その中で、編集としての仕事の大変さや人間関係。

そういうことを中心に話題は繰り広げれれます。

また、登場する人物の中には、話が上手くないから小説家になった。

そんな人の過去の話もあったりするので、共感できるシーンも必ず混じっています。

 

そして、「ほんの恋など」という言葉通り、今作はラブコメも加わっています。

誰と、と聞かれる小山と田村の23歳という二回り近い歳の差の、です。

これが中々いい具合に進んでいくんです。

 

小山の過去のトラウマを払拭するために、右往左往しつつ必死にもがく姿は必見。

そして、もう1人の主役である田村も自分との過去に決着を付けようとします。

こちらも、50を超えたおじさんですが、カッコいいですよ。

ちょっと、絵だと若々しすぎますけれど。

 

ぜひ、小山と田村の心温まる話は、貴方自身で読んで確かめてみてください。

[AD2]

読んでみた感想について

絵も展開も綺麗に進んでいくんですが、掲載がWebのEDENだったことなのがイマイチ振るわなかった原因?

そう思わせる感じがしましたね。

 

内容に関しては、人間関係、仕事、恋愛。

この3つが揃った形で展開されていきます。

歳の差、仕事、人間関係、恋愛と混じっていると重苦しい展開が多いのでは?

 

そう思われるかもしれませんが、内容はギャグもあるしポップに軽く進んでいきます。

しかし、〆る所はきちんと〆るという形を取っているので、間延びしないところも高評価な点ですね。

 

まとめ

全3巻でまとまっており、非常に読みやすい作品です。

特に、仕事に関して一生懸命になれる人が好きだったり、共感できる人は楽しめる作品である。

そのように、私は感じました。

 

[AD1]

ABOUT ME
ささやん
マンガはかなりの雑食方面。少年・少女~青年誌問わず読み、オトナ向けも少々。雑誌の傾向としては、週刊よりも月刊派。一番好きなマンガは「王ドロボウJING」と「KING OF BANDIT JING」。