「女の解体新書(漫画)」ネタバレと感想!女性にも読んで欲しい一作

青年誌で連載された「女の解体新書」。

作者は女性ということで、その内容は女性にとってはとても頷けます。

けれど、これを知らない男性もきっと多いはず。

男性が知らない女性の本音や真実の物語をネタバレしていきます。

 

無料試し読みは、対応端末のリンク先で検索すると読めます。

⇒BookLive!コミックの無料試し読みへ

 

「女の解体新書」のネタバレ

登場人物3人の女性。

大学生のミキ、既婚者の真琴、美人の咲子

主に物語は、ミキが主人公として進んでいく。

 

内容は、社会人の彼氏とのお付き合いにまつわるもの。

たとえば、セックスを求める彼氏を、生理でもないのに拒否する理由。

うっかりダサい下着を着てきてしまったミキは、頑なに拒否。

 

その頑なさにとうとう怒った彼氏。

気まずくなった空気の中で、1人シャワーを浴びたミキ。

その後、下着をつけなくなくてもよくなったことで、乗り気になるミキ。

 

彼氏にしてみれば、突然乗り気になったことは、きっと意味が分からない。

だが、これが女心。

それ以外にも、普段のセックスに関してや浴衣での花火デート、温泉旅行。

 

コンドームの無かったときの反応や、結果の悪いおみくじを引いた時など。

本当に些細な事柄の裏に隠された女の本音が描かれる。

それ以外にも、ミキの先輩である既婚者の真琴の話。

結婚7年目の夫の浮気に気づいたその心の内や、夫婦間で抱える本音。

 

そして、真琴の友人、咲子の話。

昔から周りに美人というレッテルを貼り付けられ、良くも悪くも得る物。

美人だからと優遇されたり許されることもある。

 

けれど、同性からのやっかみや、異性に押し付けられる理想という現実。

そんな中でも各々が各々らしく生きている女性たちの物語。

 

絵柄、小回り、セリフまでさらに楽しみたいって感じたら、こちらのサイトから手に取って見てください。

⇒BookLive!コミックの無料試し読みへ

 

「女の解体新書」を読んだ感想

とても興味深く読ませていただきました。

一概に、この物語に出てくる女性の心が、すべての女性の心と同じではないでしょう。

けれど、女性ならば、あー、あるあると頷けることも多々ありました。

 

ですが、これを男性には読んでいただきたい物語と感じたことも事実。

きっと、理解できず誤解して拗れていたことも、これを読めば些細なことだと気づくかも。

それでも、それをくだらないと言ってはいけないな、と改めて実感。

 

咲子の話でもありましたが、男性にとっては面白みのないことに必死となる女性。

それを軽んじたり蔑ろにすることは、器も視野も狭く、ましてや女性の逆鱗に触れます。

自分に置き換えて考えることが大切なのだ、と。

 

また、最後の作者様のあとがき話でもありましたが、ミキの彼氏が本当に中身イケメンです。

最初はそんな感じは、全然しなかったのです。

けれど、次第に器の大きい、優しい人だな、と感じてくるという不思議。

きっとミキちゃんは幸せになれるはず。

 

最初は、表紙的に見ても、そこまで深い内容だとは思いませんでした。

けれど、読み進めるうちに、結構考えさせられるな、と。

そして、こういう内容の作品は、ぜひ男女ともに見ていただきたい。

異性だけでなく同性への理解力も上がるはず。

 

実際、内容としては、辛辣なものや生々しいこともあります。

しかし、そうならなず軽やかなテンポで読めたのは、きっと作者様の作画のお陰かと。

少女・女性漫画には、女性が理想とする男性が多く出てきます。

同じように少年・青年漫画にも同様でしょう。

 

しかし、そこだけで培った情報を現実にまで持ち込むのは危険です。

それはもしかしたら、知らずに自分の理想を他者へ押し付けていることになるのかもしれません。

 

無料試し読みは、対応端末のリンク先で検索すると読めます。

⇒BookLive!コミックの無料試し読みへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

本屋に貢ぎ続けて数十年。漫画はジャンル、年代問わず気になれば衝動的にシリーズまとめ買い。特に歴史モノや現代・ハイファンタジー、アクション系を好みます。かと思えば恋愛モノやほのぼの系・ホラーも読む雑食主義です。