「アオとハル」ネタバレと感想!ラブコメかと思ったら重かった件

「アオとハル」のネタバレと感想です。

ちょっと捻くれた青春モノかと思った私がバカでした。

無料試し読みはリンク先で検索すると読めます。

無料でたくさんマンガを読むならeBookJapan(スマホ・PC共通)

「アオとハル」のネタバレ

物語の開始は、ハルオ(通称:ハル)という主人公の男の子が高校3年生になり、仲の良かった友達と別々のクラスになってしまうところからスタート。

以降、何かと捻くれたハルは図書館へ引きこもります。

 

ここで、出会ったのが美少女。

名前を何とか聞き出そうとするのですが、この美少女は名前を教えてくれません。

どうにかこうにか聞き出そうとするのですが、手紙で「キモイ」という一言を打ち付けられます。

 

当たり前ですよね、好きでもない男に言い寄られたくありません。

図書館とはいえ、彼女の行動をくまなく見て、覗いて、付いて・・・とやればキモイと言われるのも当然。

 

しかし、少女はハルのことをなぜか知っていました。

ハルはなぜ、と思うものの少女の名前であるアオを知って歓喜。

 

後日、駅でアオを見かけ話しかけようとした時。

もう一人、別の青年がハルを押しのけました。

さらに、この青年はハルの事を覚えていたのです。

 

アオはハルを逃します。

ハルは、この状況を昔にも感じたことを思い出したのです。

こうしてハルとアオの過去が明かされていきます。

同時に、子供たちではどうにもできない「運命」も回り始めてしまったのでした。

 

で、これが凄いことになるんですよ。

いやいや、本当に。

極フツーのラブコメと思ったら、痛い目を見ます。

これは、ガチです。

 

ぜひ、詳しい詳細は貴方自身で読んで確かめてみてください。

eBookJapanでたくさんの無料マンガを読んでみるならコチラ!(スマホ・PC共通)

感想について

全部で9話あるんですが、3話から徐々に雰囲気が怪しくなります。

詳しいことは言えませんが、作者の方もツイッターで言っている通り暴力的表現が多数出てきます。

それと共に、倒錯した欲求なども上手く絡ませているんですよね。

 

あと、子供は何も出来ない。

無力である、ということが書き示されます。

これがまた事実だから、ツライんですよね。

 

高校生の頃って力があるように見えて、力はありません。

思い出して欲しいのですが、高校生の頃って「今」が良ければ、それで良い。

そのような考え方をどこかで絶対に一度は、考えたことがあると思います。

 

私も実際に高校生の頃に、今が良ければそれでいい、という考えを持っていました。

それは、恋愛面でも、勉強面でも、私生活でもそうです。

 

「今」が一瞬でも良ければ・・・という考えが、如何に浅はかで無意味か。

そのことをハルとアオの関係を通して、痛烈に描いてくれています。

また、青年誌らしく高校生の「正直な欲求」もストレートに表現。

いやー、読んで良かった、と思える作品でした。

まとめ

本当に普通のラブコメ、と思ったら大間違いです。

女性向けで連載されてもおかしくないのに、なぜヤングキングアワーズなのか。

そこにビックリです。

 

また、この話に繋がるのか。

それとも別世界軸なのかは分かりませんが、同一の名前を持つ「ハルオ」が出る作品があります。

作品名は「たまりば」という名前です。

そちらも「アオとハル」が気に入ったら読んでみると良いかもしれません。

 

無料試し読みはリンク先で検索すると読めます。

無料でたくさんマンガを読むならeBookJapan(スマホ・PC共通)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です